W開催!ショパンフェア&受験生応援フェア

楽器センター金沢の織田です。

めっきり寒く・・・もなりきりませんね。今年冬らしい季節はめぐってくるのでしょうか。

 

最後の追い込みに!「受験生応援フェア」

とはいえ、冬は受験生にとって最後の仕上げの時期ですね。

もう楽典や問題集はやりこんでボロボロになってきてませんでしょうか。

もっと対策をしたい!という学生さんたちに、聴音や新曲視唱などの問題集をあつめてみました。

41AlAzwWEHL 81iG1Ixtf9L 71YeVwS-tSL

最後の追い込みにぜひご活用ください。

もう問題集は・・・という方でもぜひ気分転換に楽譜や雑貨グッズなどをのぞきにきてみてくださいね。

時には息抜きも大切ですww

 

「ショパンフェア」 ショパンの人生や作品への知識を深めましょう!

さてはて、今年ショパン国際コンクールが開催され、アジア大会も真っ最中な今ですが、

ショパンの関連書籍、楽譜を集めたフェアを企画いたしました。

39年の短いとはいえ密度は濃いショパンの人生についてや、有名な作品たちをより深く掘り下げる書籍を集めました。

個人的なおすすめは、芥川賞作家の平野啓一郎さんの「ショパンを嗜む」。

71P13VFToEL

「葬送」というショパンと画家ドラクロワの交流を軸に書き上げた作品がありますが、こちらはこの作品の取材ノートをもとにつくられたものです。

平野さんはこの作品を書くにあたって、ワルシャワへ取材旅行に出かけてらっしゃいますし、クラシック音楽への造詣も深いことでも有名ですよね。

この作品、平野さんの「日蝕」が難しすぎたので・・・とおっしゃるかたもいるかもしれませんが、こちらはとても読みやすい作品ですのでぜひお手に取られてみてください。

 

また、韓国人ピアニストのチョ・ソンジンさんが優勝した模様や参加者・審査員のインタビューがもりだくさんの、「第17回ショパン国際コンクール全記録」もおすすめです。

51-pUpeIouL

アジア人が優勝したというのも快挙ですが、ダン・タイ・ソンさんやユンディ・リさん、そして日本からも海老彰子さんが審査員としていらっしゃったというのもすごいことですよね。

月刊誌もショパンや音楽の友、モーストリークラシックなど、各誌がショパン国際コンクールの情報を伝えています。

ぜひ一緒にチェックしてみてくださいね。

 

<お問い合わせ先>
開進堂楽器 楽器センター金沢
住所 〒920-0025 石川県金沢市駅西本町6-3-21
TEL   076-221-1544
FAX  076-221-2003

営業時間
平日・土曜 OPEN AM10:00 CLOSE PM9:00
日曜・祝日 OPEN AM10:00 CLOSE PM7:00

定休 水曜

 

≪ただいま買い取り強化中!≫
開進堂楽器の楽器買取システム Good Buy では買い取り強化キャンペーン中!
使われなくなった楽器は丁寧に整備されて、次のお客様の元へ向かいます。
今なら通常よりも買取上限額が高く設定された強化機種も!
↓↓↓くわしくはこちら↓↓↓