CASIO CELVIANO Grand Hybridコンサート

こんにちは。楽器センター金沢の本多です。

2/1東京の杉並公会堂にて行われましたCASIO CELVIANO Grand Hybridコンサート《ピアニスト 近藤嘉宏が奏でる「伝統と革新」》に行って参りました。

 

カシオ電子ピアノ『GP-500』。

C.ベヒシュタインの最高峰マイスター・ピース「D282」をモデルにカシオが徹底研究して完成したモデルです。

今回はこの電子ピアノと…

↑こちらのC.ベヒシュタインのグランドピアノで弾き比べを行いました。

 

C.ベヒシュタインの音色をこよなく愛す、近藤嘉宏さんの演奏。

なんでも2009年に録音したベートーヴェンのピアノソナタ全集でC.ベヒシュタインの使用を希望されたそうです!!

 

近藤さん曰く CELVIANO Grand Hybridは、C.ベヒシュタインの音色はもちろん、ダンパーペダルを踏んだときの音、鍵盤が戻るときの音(自然にでる音)も再現されていて良いとのこと。鍵盤にはオーストリア産のスプルース材(木製鍵盤)、電子ピアノの外装も「おさ」というGPと同じ素材を使用しており、カシオのこだわりがすごいです。

 

演奏中の写真はもちろん撮れませんでしたが、さすがの演奏を聴かしていただきました。

ベヒシュタインならではの上品な色彩感のある音色にうっとりした1日でした。

 

GP-500の鍵盤アクション

 

当店でも展示しております!(GP-500の詳細は↓の画像をクリックするとご確認いただけます)