遊びは大事!

こんにちは。児玉(春)です。
すっかり暖かくなって子供たちと公園で遊ぶことも多くなりました。
大人になってから滑り台をすべると結構怖いですね。ブランコも昔みたいに猛スピードでは漕げません(笑)
でも、子供と一緒に遊ぶのは楽しいです 🙂

さて、前置きが長くなりましたが楽器の調整にも『遊び』が大事です。

調整で言う『遊び』とは『適度な隙間』のことです。

例えば、クラリネットのAキィとG#キィのところ

ここは、あえて遊びを作っています。
そうしないとAキィのタンポが水分などによって膨らんだ時にG#キィが浮いてしまって音が出なくなるからです。

↑ここのネジで微調整しています。
いかにも締めたくなるネジですが、むやみにさわってはいけません。

 

あとは、サックスのオクターブキィにもあります。

↑ここもあえて遊びを作っています。
ここは、奏者によってネックの位置を変えることがあるので、その時にネック側のオクターブキィが浮いてしまわないように余裕を持たせています。
楽器をお持ちの方は見てみてくださいね♪

その他の楽器にもたくさんあります。
また紹介させてください 😛

 

楽器の修理や調整価格表はこちらから