しめちゃダメなんです!

 

こんにちは、脇坂(わきざか)です。

 

今回は、『音が出なくなったんです・・・』と、持ち込まれたクラリネット!!

いろいろ聞いてみると、ほとんどの音が出ないそうでした。。。

ちゃんと塞げていないキイがあると、そこから下の音はでなくなっちゃいます・・・

 

1つ1つ調べていくと、G#キイが浮いていて塞げていないのが原因でした!!

 

なぜG#キイは浮いていたのでしょうか?

理由はG#キイについている、この調節ネジ!!

 

この調節ネジが、しっかりしまっていました。

調節ネジがしまりきっていたため、AキイにあたっていてG#キイが浮いてしまっていたんです。

 

AキイとG#キイの調節ネジの間にはアソビ(隙間)が必要なのです!

G#キイの調節ネジをしっかりしめてAキイにぴったりくっつけてしまうと、

Aキイのタンポが水を含み膨らんだときに、上にあるG#キイを浮かせてしまうのです!

 

なので、Aキイが膨らむことを想定してG#キイの調節ネジとAキイの間にはアソビ(隙間)が必要なのです!!

 

 

ケースの中にドライバーが付いている楽器などもありますが、

AキイとG#キイの調節ネジの間に隙間があるからって、勝手にしめちゃダメですよ?

 

 

今回は、適度なアソビ(隙間)を作ってあげて、タンポが塞がっているかを確認して終了!!

 

久しぶりに自分の楽器を観察したときに、ココってこんなんだったかな?

なんかよく分からないけど変かも?壊れてる? って不安になったりするときありますよね?

 

気になるところがあれば、いつでも聞きにきてください!持ってきてください!!

皆さんのご来店をお待ちしています ♪