【Gottsu & SILVERSTEIN Fair】『Gottsu』代表、後藤氏によるマウスピースの診断会★要予約

あけましておめでとうございます、管楽器フロアーの丸七です!

みなさま、年末年始はいかがお過ごしでしょうか?

 

丸七は年末に2軒のJAZZ Barをハシゴしてセッションに参加してきました。1軒目に寄った もっきりや さん、では見慣れたメンツの方々に囲まれ忘年会的に過ごせたのですが、2軒目の RIVERSIDE さんではテナーサックスプレーヤーで有名な川嶋哲郎さんや富山のJAZZSAXの名手、濱西さんなどなどそうそうたる顔ぶれで少々チキンになってしまいました笑。

写真はRIVERSIDEのセッション。金沢 ご当地のJAZZ ヴォーカリストのEさんと日本に1本しかないバリトンサックスを吹き散らかすえっちなサウンドが売りのYOSHIROさんです。

TOPプレーヤーさんたちに混じって演奏できる機会はそうないのでとってもお勉強になりました!

 

 

 

 

さてさて、本題の、

 

『Gottsu』代表、後藤氏によるマウスピースの診断会★要予約

ですが、国内最高精度を誇るサックスのマウスピースメーカー『Gottsu』の代表、後藤氏に楽器センター金沢に来てもらいGOTTSUのマウスピースをズラーーーーーっと並べて試奏即売会を行います!

そしてついでになんと後藤氏によるマウスピースの健康診断会も行っちゃいます。

予約が必要ですが代金は無料!

 

ご予約は ☎︎076−221−1544までお電話ください★

 

ひとり何個でもマウスピースを持って来てもらってもOKです!

マウスピースのリフェイスの申し込みもできちゃいます◎

 

 

 

===リフェイスってなぁに?=================================

管楽器の世界では主に「工場出荷後のマウスピースに演奏性能を向上させるために再度加工を加えること」

をさします。作業内容としてはマウスピースの先端やレール、テーブルなどを削って好みの吹き心地に調整したり、落としてかけてしまったマウスピースを再生したりすること全般です。

使い始めて時間の経ったマウスピースは度重なるリードとの接触でだんだん摩耗していき吹きにくくなってしまうのは皆さんご存知だと思います。

しかし新品でも状態によっては吹きにくいもの(それがメーカーの設計による場合もあれば、個体差の場合もあります)も存在します。

そんなものもリフェイスで好みの吹き心地にリフェイスすることによって変えられます。

知る人ぞ知る技術ですね。

 

リフェイス事例です。

【リフェイス】マウスピースを調整しました。

==================================================

 

 

普段は東京に送ったりしないと診断を受けることができない上に、リフェイスの相談も手元に実物のマウスピースがない状態の電話でのやり取りになってしまいます。

是非今回の「マウスピースの健康診断会」をご利用していただければと思います。

 

 

SILVERSTEIN(シルバースタイン)リガチャー即売展示会も同時開催!!!

以前、試奏後購入率100%を超えた人気のリガチャーブランド、シルバースタインの販売展示会も同時に行います。

前回はクラリネットをメインに行いましたが今回はサックスのラインナップ全開でお送りいたします。

試奏の際は販売会社の代表である李氏がお客様の好みの吹き心地になる様、オンリーワンな調整をさせていただきます。

 

 

 

「Gottsuやシルバースタイン、気になっていたけどなかなか試せていなかった。。。」

 

そんな皆様、是非この機会をお見逃しなく!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

今日のブログスタッフ★

Natsuki Marushichi

#SAXが好き

#蜂蜜も好き

#元料理人

#永遠の25歳

#JAZZが好き

#最近メガネ変えた

#もじゃもじゃの髪はパーマです