ピストンがあがってこない!?

 

こんにちは、脇坂(わきざか)です。

 

皆さんは昨日の夜、「関ジャム」(テレビ朝日、関ジャム 完全燃SHOW)って番組みましたか?

昨日は、知れば面白い!管楽器の面白さを徹底解剖!と言うことで管楽器にはどんな種類があるのか?

どうやって音を出しているのか?基本の吹き方を紹介。また、馴染みの無い方のために、「あの有名曲のココ、

この管楽器です」と意外と知らない印象的なフレーズを吹いている楽器も紹介などなどとっても面白かったです♪

 

さて、今日は久しぶりの修理ブログです!!

 

今回は、トランペット!!

 

「ピストンの動きが悪いんです」とのこと。

見た目は大丈夫そう・・・

 

1番のピストンを押してみると・・・

 

途中で止まって上がってこなくなっちゃいました。

こういうの結構ありますよね?

 

原因としては、中に汚れがたまっていたり、金属が腐食していたり、ピストンが曲がっていたり・・・

などなどいろんなことがあげられますが、今回は汚れが原因のようです!

 

まずは、ピストンを外します。

ちなみにピストンはこのようなパーツが集まってできています♪

 

 

ピストンに工具(ピストンラップハンドル)を取り付けます。

 

ピストンにラップ剤といわれる研磨剤をつけて、ピストンとケーシングをすり合わせていきます!

研磨剤には種類があり、状態に合わせて荒さを選んだりもします。

 

しっかりすり合わせができたら、ピストン側もケーシング側もラップ剤が残らないように綺麗に拭きとっていきます!!

 

綺麗になったら、ピストンを組み立てて、ケーシングに戻し、オイルをさして動きを確認して完成です!!

一番最初の状態と見た目は変わりませんが、途中で止まることもなくスムーズに動くようになりました♪

 

なんだか最近動きが悪いなぁ・・と感じたら一度お店に持ってきてみてください♪