【リペアブログ】キイオイルってなに?

こんにちは、Brasstek金沢の丸七です!

ここ半年くらいかけてコソコソ何かをしております。。。笑

管楽器のリペアがしたい!と思い包丁をドライバーに持ち替え楽器屋さんで働いている毎日ですが、まさかこんなことまでする様になるとは思ってもいませんでした。。

詳細はまだ秘密です?笑

続報を待て!でございます。。。。

 

 

 

 

 

さて、今日はキイオイルの大切さについてのお話です。。

こちらは買って一年ほどのAltusのフルートです。

とっても綺麗に使っていただいているので汚れもほとんどありません。

しかしキイがかちゃかちゃうるさく響いてしまいます。。

 

 

 

 

 

 

キイは普段ネジなどで楽器(ポスト)固定されています。

つまり多くの場合が金属と金属が接しているということになります。

 

 

金属同士がぶつかるとかちゃかちゃうるさくなるのです。

それを防ぐのが。。。。

(写真のオイルはAltus純正のオイルです。非売品で販売は行っておりません。ご了承ください。)

じゃじゃん!キイオイルです。

金属と金属の間にキイオイルを流し込むことによって金属同士のぶつかりノイズを防いでくれます。。

 

また、オイルにはノイズを消す効果以外にも、、

 

・管体で生まれた振動をキイにも伝え楽器全体を振動させる効果。

・キイ内部やネジの錆を防ぐ

・スムーズな動きを確保する

・金属同士の磨耗を防ぐ

 

など大切な役割もたくさんあります。

 

 

 

 

「え、そうだったの?じゃあ毎日オイルささなきゃ!」ってなると思いますが、それは待ってください。

 

 

キイオイルを注す際の注意点があります。

・オイルは水と違って気化しにくいのですぐには無くなりません。キイのノイズが気になり始めてからで大丈夫です。さしすぎるとベタベタになってしまい楽器屋タンポを汚してしまいます。

 

・メーカー指定のオイルを注すこと。オイルは科学的な材料でできているため相性の悪いオイルと混ざると変質してしまう場合があります。最悪の場合はキイが動かなくなってしまう可能性もあります。。怖いですね。。。。。

当店では全体のバランス調整を行う際に注油を行います。全体的な注油をご希望の場合はバランス調整とあわせてご利用ください。

 

などなどですかね。。。

今回はフルートのメンテナンスですが管楽器全般に言えることです。

この機会に一度自分の楽器のキイノイズに耳を傾けてみてはいかがでしょうか?(^^)

 

 

 

 

 

 

今日のBlog staff★

Natsuki Marushichi

#SAXが好き

#蜂蜜も好き

#元料理人

#永遠の25歳

#JAZZが好き

#最近メガネ変えた

#もじゃもじゃの髪はパーマです