Piano Cloudのリニューアルピアノ再生の流れについて

Piano Cloudのリニューアルピアノがどのように再生され、

店頭に並ぶのかをご紹介させていただきます。

 

弊社では簡単な調整・調律だけではなく、ピアノをご購入いただいた後、

長くお使いいただけるように「ピアノの再生」を行っております。

外装の見栄えだけではなく、内装は分解点検し、消耗及び痛んでいる部品の

交換やサビ取り、ツヤ磨きなどを行っております。

  

 

▼TOPICS

1. 分解点検

2. 内部・外部のクリーニング

3. 磨き(内・外装)

4. 交換

5. 鍵盤部分

6. 整調

7. 調律

8. 現在展示中のラインナップ

 

 

 

  

 

1.分解点検

ピアノは木材の他に金属・フェルト生地を多く使用しております。

そのようなパーツの消耗具合を確認するために、はじめにピアノを分解いたします。

 

▲TOPICSへ戻る

  

 

2.内部・外部のクリーニング

ピアノの内部に溜まったホコリを除去。

ピアノの心臓部とよばれる響板も、出来る限り隅々まで綺麗にいたします。

ピアノの背面(裏側)も徹底して清掃を行います。

 

▲TOPICSへ戻る

  

 

3.磨き(内・外装)

外装はバフ掛け行います。

ピアノの外装傷を修復した後、塗装の目を整える。

ペダルなど真鍮材を使用している箇所は、美しい輝きを取り戻すまで磨きます。

メーカーロゴ、蝶番なども同様です。

鍵盤下にあるフロント・バランスキーピンという箇所です。

こちらはピアノが設置してあるお部屋の環境によって錆が発生し、

この錆が原因で演奏に支障が生じることもありますので、1つ1つしっかり磨きあげます。

 

▲TOPICSへ戻る

  

 

4.交換

ペダル周りのフェルト、こちらは交換する前です。

こちらはフェルト交換後です。

鍵盤下のフェルト、ペダル周りのフェルト、マフラーフェルト(消音)など、

へたれていたり、虫喰いがある箇所は交換いたします。

ピアノの弦は特殊な鋼線を使用されています。

演奏に支障が後々でると判断した弦は交換します。

交換の必要が無いと判断した弦もそのままではなく、

長年で付いた汚れ、錆を出来る限り綺麗にとります。

 

▲TOPICSへ戻る

  

 

5.鍵盤部分

全ての鍵盤を磨き、美しく綺麗に仕上げます。

しかし鍵盤に欠けや、ひどい汚れがあった場合はその鍵盤を貼り替えます。

鍵盤も長年のご自宅環境により、乾燥して木が痩せたり、膨らみもします。

88鍵全ての見直しを行います。

 

▲TOPICSへ戻る

  

 

6.整調

鍵盤の高さを定規・目視で厳しく確認します。

 

▲TOPICSへ戻る

  

 

7.調律

弊社調律師、36名により懇切丁寧に調律をおこない、店頭に並びます。

 

▲TOPICSへ戻る

  

 

8.Piano  Cloud  ECサイト(オンラインストア)

展示中のピアノ、ピアノアクセサリーを

ECサイト(オンラインストア)でご確認・ご購入いただけます。

 

▲TOPICSへ戻る


開進堂楽器