合唱用マスクを公演でご使用いただきました♪

楽器センター金沢の織田です。

 

12/13に開催された第58回音文協年末公演「レクイエム」の公演で

当店でご購入いただいたコーラスマスクをご使用いただきました!

 

公演の模様はこちらの通り。

マスクを装着し、ソーシャルディスタンスも保って歌っていらっしゃいますね。

 

装着したお写真もいただきました。

「説明書通りに装着したらとてもブレスがしやすかった」とのこと。

口まわりの空間があいていることはもちろん、

ノーズラインの調整が利くのが大きいようですね。

 

歌をうたう、というのはこのご時世では一番困難な演奏法かもしれません。

コロナウィルスの影響はまだおさまっておりませんが、

Withコロナとして共生しつつも感染予防をしていろんな公演が再開されてきています。

STAYHOMEもそうですが、合唱でも音楽を楽しむこと、なにかを表現することを忘れたくないですよね。

 

ぜひ演奏のことでなにかお困りのことがございましたらぜひお声がけください!

 

 

【ご使用時のお願い】

マスクは大きめの飛沫は防げますけれど、マイクロ飛沫と呼ばれる微小飛沫(いわゆるエアロゾル)の飛散・拡散を防ぎきることはできません。

カワイ出版のコーラスマスクのご使用時におきましても、合唱・歌唱いただく際には、全日本合唱連盟から発表された「合唱活動におけるガイドライン」をご確認いただき、換気の励行、前後左右とのディスタンスの確保、手洗い消毒他、のご対応が重要になってきます。練習時から必要な措置を講じていただき、合唱活動に臨んでいただけますようお願いいたします。

全日本合唱連盟の合唱活動における新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドライン(第2版) https://jcanet.or.jp/JCAchorusguideline-ver2.pdf

 


開進堂楽器