【9/7-23】金澤JAZZフェア、開催中です★

こんにちは、 Brasstek金沢の丸七です!

先日から始まっております金澤JAZZフェア、早速たくさんのご来店があり感謝でございます!お客様の中にはハマってしまって1週間に2、3回ご来店いただいたお客様もございました。笑

 

 

今回のフェアの見どころをご紹介いたします。

 

Theo Wanne    Jazz sax mouthpiece

サックスのJAZZマウスピースで絶大な人気を誇る「Theo Wanne=セオワニ」

USAのFUNKY銀髪セクシーサックス奏者のMindy Abair氏

____セオワニって??

Theo Wanne氏製作による素敵クオリティのマウスピースブランドとしてJAZZ界では広く知られており、そのクオリティはプロミュージシャンも絶賛するほどです。セオ・ワニ氏はサックスのマウスピースのリフェイスや製作の技術力の高さで世界に名を知られており、長年の積み重ねてきたノウハウや数多くのプレイヤーからのフィードバックなどをマウスピース製作に注ぎ込み数々の名作を世に送り出しています。モデルごとにコンセプトが違い、ジャズ黄金期を彷彿とさせるレトロなサウンドを得意とするモデルから、現代的なモードジャズやFUNK、アシッドジャズにぴったりなモデルまで幅広く展開しています。

 

【DURGA-ドゥルガ】S.SAX~B.SAX
この顔にピンときた方も多いのではないでしょうかセオワニのモデルの中でも印象的なモデルです。

ヒンドゥー教の女神の一人で「近づきがたい者」を意味し、恐怖や畏怖という禍々しさの中にあるアングラな美しさを感じられるサウンドが特徴的です。
エッヂの効いたサウンドが特徴的でアシッドジャズやFUSIONでの使用でキレッキレをプレイを楽しめます。

 

【MINDI ABAIR CUSTOM】A.SAX

ミンディ・エイベアと共同開発したカスタムモデル。

突き抜けるようなedge感があるのですが、ただ暴力的なだけでなくどこか気品を感じるサウンドとなっております。

 

 

 

 

【SHIVA-シヴァ】S.SAX~B.SAX

創造、再生、破壊を司る縁起の良いヒンドゥー教の神、シヴァ神。

その名の通り各シリーズの中でも高い攻撃力と暴力的なサウンドを持つのがこのSHIVAシリーズです。

ハードなアシッドジャズからロックやプログレなどでも良い仕事をします。

 

 

【GAIA-ガイア】A.SAX~T.SAX

ギリシャ神話に登場する大地を象徴とする女神”GAIA”から名前が取られています。

広大な大地や自然をイメージさせる優しさと力強さを併せ持ったサウンドが持ち味です。

オールドなジャズからR&B、FUNKなどでもマッチしそうなオールラウンダーなシリーズです。

 

 

【AMBIKA-アンビカ】T.SAX

アンビカは人々を悪魔から守る女神とされています。

優しく安心感を与えるようなサウンドが持ち味のシリーズとなっております。

レトロなJAZZからSMOOTHなモードJAZZで使用したい仕上がりです。

個人的な趣味でいうとこのシリーズが一番好みです。

 

【NY BROS ALTO   & SLANT SIG TENOR】

アルト、テナーサックスそれぞれのヴィンテージJAZZマウスピースの中でも絶大な人気を誇るメイヤー社”New York BROS”とオットー・リンク社”SLANT SIGNATURE”をイメージさせるようなオールドな美学を持つシリーズです。Bapやcool jazzがお好きな方はハマると思います。

 

 

 

 

金沢での展示は今回初!?ではないかと思われますのでサックス吹きの皆様、注目ですよ!

 

 

 

 

 

JULIUS KEILWERTH    SX90R ”vintage Alto”

私丸七も愛用しているドイツ製サックスの名器 ”SX90R Vintage series”です。

一言で言うなら「ハスキー&セクシー」。

他のメーカーの楽器では類を見ないほどの歌うサウンドを持っています。

特にサブトーンで囁くように吹いた時のサウンドは非常に官能的で一度ハマったら抜け出せません。

この楽器をほしいと思われたほとんどの方が「いや〜、なんかハマっちゃって毎晩カタログとかYOUTUBEの音源とか聴いちゃうんですよ」とおっしゃられるほど中毒性があります。。。ええ、私丸七もそうでした。笑

 

 

 

YANAGISAWA   Alto WO-20

ヤナギサワのサックスの代名詞といっても過言でないのがこの WO-20 です。

ほんのりとピンクの管体はブロンズブラスという一般的な真鍮より銅の濃度が高いゴールドブラスを使用しており、

柔らかで包み込むようなブライトなサウンドが楽しめます。

日本はもちろん海外でも絶大な人気を誇り需要に供給が追いついていない状態です。

この機会を逃すと次の入荷までとても時間がかかります、お早めにどうぞ。。。

 

 

 

ROOTE 8       ”Anchert” Alto & Tenor

 

BrasstekのプライベートブランドROOTE 8の処女作、Anchert=アンシェルトです。古き良き時代のオーセンティックなデザインを基調としており、特にサテン調の管体がこだわりのポイント。
現代のサテン仕上げはシルバー調のラッカー仕上げにサテンまたはマット仕上げを行なっているものが多いですが今回、私たちが製作したAnchertでは古き良き時代のサテン仕上げにこだわり、本物の銀メッキの上にサンドブラスト加工を施しております。そのため心地よい抵抗感とメロウ&ブライトな銀の響きが楽しめます。

 

 

他にも楽しい!がいっぱいです(^^

この機会をお見逃しなく!!

 

 

 

9/22  限定!!

ワンコイン サックスワークショップ開催!

「サックス吹いてみたいな〜、でも難しいんでしょ?」

そんなあなた必見です!

サックスは管楽器の中で一番音の出しやすい楽器といっても過言ではありません!

中には70歳になってから始める方もいらっしゃいます。。。

なので,,,

安心してご参加ください笑

 

 

皆様のご来店、ご予約心よりお待ちしております◎

 

 

今日のBlog staff★

Natsuki Marushichi

#サックス吹き
#ギターも好き
#JAZZが好き
#COCKTAIL BAR SWINGのHOUSE MEMBER
#金沢で活動中
#元料理人
#減量中
#でも減らない