楽器をきれいにするために

こんにちは。児玉(春)です。
今月は子供の学校が休校になったり、いろんな行事が無くなってしまったりと
なんだか落ち着かない日々を過ごしています。
普段通りが一番幸せなんだなぁと感じますね。

さて、みなさん関心のあることは
楽器はどうやってきれいにしたら良いのか、ということではないでしょうか。

私は、今急に除菌や消毒をするのでは無く、普段からキレイにするのが大切だと思います。

いくらアルコールなどで除菌したとしても、楽器の中が汚れだらけ、カビだらけ
だと意味ないですよね。

金管楽器はコルクやフェルト、ゴム部以外は水洗いできますので、ブラスソープや
中性洗剤で洗いましょう。特にマウスピースは毎日洗ってほしいです!

以前UPした洗浄のブログです↓

【修理】楽器の大掃除!! 

ホルンやトロンボーンのロータリーは水を入れない方が良いので、
マウスパイプやスライドだけ洗うのも良いと思います。
自分で洗うのは面倒!という方はこちらで承りますので、気軽にご相談ください。

木管楽器は、基本は乾拭きとスワブを通すことです。
銀メッキやラッカーの場所はアルコールで拭いても大丈夫なものが多いですが、
メーカーや楽器の腐食具合などによって、楽器にダメージを与えてしますう能性がありますので、ご了承ください。

あと、忘れがちなのはクロスやスワブです。
どんなに楽器をきれいにしてもクロスが汚れていたら、また楽器も汚れが付いてしまいます。
こまめに洗濯しましょう。

<洗濯OK>
・ポリシングクロスなど普段乾拭きに使用しているもの
・クリーニングスワブ(手洗いがおすすめです)
<洗濯NG>
・ラッカークロスやシルバークロスなど溶剤が浸み込んでいるもの

普段からキレイにして気持ちよく楽器をつかいましょう。
分からないことがあれば気軽に聞いてくださいね♪