リガチャーの比較してみました

サキソフォンフェア開催中ですが、今回はリガチャーの違いと比較についてお送りしたいと思います。
まずは、SILVERSTEIN(シルバースタイン)リガチャーについてお話しします。

●シルバースタイン今回はHEXA(ヘキサ)・ESTRO(エストロ)・A-frame オリジナル

(ブラッシュドシルバー)を用意しました。

豊かな倍音を含み特に紐部分に水分を含む事で演奏中のリードの水分を一定に保つことができる

特徴があります。

コード部分はNASA火星探査機の吊り下げにも使われて耐久性も抜群です。

ファインチューナーバー部分(側面のプレート)は位置の好みの位置に変更することで

サウンドや響きの変化を楽しむことができます。

画期的なシステムですね。リードの固定は上部のリューズを締め込むことで固定します。

コード部は変形してもマウスピースに装着することで元通りになり、金属特有の変形歪みは

一切なく安心して使用することができます。

シルバースタインリガチャーはESTRO/BK&SONZ/HEXAの順で抵抗感を感じました。

●アトリエモモリガチャーの試奏してみました。

アトリエモモリガチャーはハートタイプが品切れのため確認できませんでしたが、縦タイプ・横タイプで好みが分けれますが、縦タイプが自分に合っているなと感じました。

マウスピースタイプセッティングで好みが分かれますがどれも素晴らしいと感じました。

特にモモリガチャーはクラッシックやアンサンブル音色的に良いと感じました。

リガチャー・マウスピース他多数展示中です。

試奏可能です。是非ご来店ください。

スタッフ一同お待ちしております。

本日のブログは掛川がお送りいたしました。